top of page

第三回メディア・音源についてAbout media, sound sources

Updated: Apr 24

オーディオの音源と言えば…

レコード、CD、ストリーミング、ダウンロードしたたデジタルデータなどが主なものになるでしょう。

もちろんオープンリールテープやカセットテープ、MDのミュージックソース、生録ソースもあるでしょう。

あ、忘れてはいけないのがラジオ。FMや、AMラジオがありますね。私は普段からよく流しています。

長波、短波は除いて。

車の運転中なら同じラジオでもFMよりAMを聴きます。音質はFMの方が良いと言われるでしょうけれども騒音の中で聞き取りやすいのは寧ろAMなのです。使い分け、うまく楽しむ、その柔軟性は引き続き持っていたいものです。


そしてレコードのこと。

今私が聴いているレコードの殆どは2000年以前にリリースされたものです。おそらく録音は90年代以前でしょう。クラシック、ジャズが多いのですが、いずれも50年代から80年代だと思います。2000年以降の盤は少ないです。お客様から最近の盤も買いなさいよと言われます。ですが買って聴いてみてもつまらないんですね。確かに録音は良いと思いますが不自然な感じがします。多分録音の仕方のせいではないかと思います。

個々のレコードがどのように録音されているかは現場の場数を踏んでいないので想像の域を出ませんが、マルチマイク、即ち個々の楽器にマイクを置き、それぞれがマルチトラック(つまりモノラル)録音されて後でミックスダウン(沢山のモノラル録音に対して擬似的にステレオ配置処理がなされる)していると思われます。このやり方では同時に演奏している楽器が別の場所、時間に録音されていることもあるわけです。

確かに音は綺麗です。ダイナミックレンジも広く感じます。ただそれだけなのです。

本来ならあるはずの複数の楽器が同じ場で同時に演奏したら必ずある音の混ざり合いや反響音がなかったり、奏者間の呼吸が感じられなかったりするのです。

それは場合によっては自動演奏と変わりない血の通っていない演奏になってしまいます。たくさん並んで演奏していても一緒じゃない、息が合っていないという違和感が残ります。


これは音楽活動をしたことがあれば分かることではないでしょうか?

下手でもステージが一体になっての演奏、ステージと観客の掛け合いがある演奏がやはり魅力的ですから。そんなことからライブ盤は大好きです。想定外のことがあったり観客やアーティストの熱気が伝わってきますから。


こうして文字にしてみて改めて思うのですが、レコードも今と昔では何をどう録音したかったのかがそもそも違っているような気がします。


ここでも再生する側の好みの選択が重要になってくるでしょう。

一つ言えるのは普通のレコードをしっかり再生出来れば高音質盤もしっかり再生できるということ。

あなたのお好みかどうかはさておき。


この辺りの捉え方は個人の感覚に依存するので議論しても仕方ないとは思っています。一人の意見、感想として捉えていただきたい。

音楽とは人の心に響くものであると思っています。そういう感覚を作っていくこともオーディオの楽しみに加えて頂ければと思っています。


私のカートリッジはごく普通のレコードをより鮮度高く再生することを意図しています。

最新ののレコードも当然かけられますが私が聴いている時代のもの、更に古い時代のSPレコードなどでその効果をより顕著に認識できることでしょう。


Speaking of audio sources...

The main sources are records, CDs, streaming, and downloaded digital data.

Of course, there are also open reel tapes, cassette tapes, MD music sources, and live recording sources.

Oh, let's not forget the radio. There's FM and AM radio. I usually play it a lot.

Excluding long wave and short wave.

When I'm driving, I listen to AM rather than FM, even though it's the same radio. People say that FM has better sound quality, but AM is actually easier to hear in a noisy environment. I want to continue to have the flexibility to use it differently and enjoy it well.


And about records.

Most of the records I listen to now were released before 2000. They were probably recorded before the 90s. Most of them are classical and jazz, but I think they're all from the 50s to 80s. There aren't many records from after 2000. Customers tell me to buy more recent records.

But when I buy them and listen to them, they're boring. The recording is certainly good, but it feels unnatural. I think it's probably because of the way it was recorded.

I can only imagine how each record is recorded, as I have not been to the venue many times, but I think it is multi-mic, i.e., microphones are placed on each instrument, and each is recorded in multi-track (i.e. mono), and then mixed down later (a pseudo-stereo arrangement is applied to many mono recordings). With this method, instruments playing at the same time may be recorded in different places and times.

The sound is certainly beautiful. The dynamic range also feels wide. That is all.


When multiple instruments play at the same time in the same place, there is always a certain blend of sounds, no echo, and no sense of breathing between the players.

In some cases, it becomes a lifeless performance that is no different from an automatic performance. Even if many people are playing side by side, there is a sense of discomfort that they are not together and are not in sync.

If you have ever been involved in music activities, you will understand this, right?


Even if they are not good, a performance where the stage is united, and there is a dialogue between the stage and the audience is still attractive. That is why I love live albums. There are unexpected things and you can feel the enthusiasm of the audience and the artists.


Writing this down has made me realise that there is a fundamental difference between what people wanted to record and how they wanted to record it in the past compared to now.

Here too, the player's preferences will be important.

One thing I can say is that if you can play regular records well, you can also play high-quality records well.

Whether that's your preference or not is aside.

I don't think there's any point in arguing about this, as it depends on personal sensibilities. I would like you to take it as just one person's opinion and impression.


I believe that music resonates with people's hearts. I hope that creating this kind of sensation will add to the enjoyment of audio.


My cartridge is designed to play ordinary records with a fresher sound.

Of course it can play the latest records, but the effect will be more noticeable with records from the era I listen to, or even older SP records.


Thanks.


Recent Posts

See All

No.4. My audio journey 第4回私のオーディオ遍歴

こんな題名を書くとさぞかし沢山の有名な機器が並ぶことと思われるかもしれません。しかしあまりあれこれ買い集めるようなことはしてきませんでした。 それでも話のネタに書こうと思います。 一般的なオーディオ機器で言えば初めて買ったのは16歳の時。中道の当時最も安いカセットデッキを買いました(480)。下向きのアナログレベルメーターで行きが俊敏で戻りがゆったりしているのが高級な感じがして好きでした。もっと大

Comments


bottom of page