top of page

決定!! 11/12 13:00〜 ♪小さな音楽鑑賞会♪

当研究所のカートリッジと音楽聴処Groove様の機器をご利用頂き、聴きたいレコードを楽しんで頂く音楽鑑賞会を下記の通り開催いたします。 1.日時 2022年11月12日 土曜日 13:00〜14:30 15:30〜17:00 (※お申し込み多数の場合のみ開催) 2.場所...

小さな小さな試聴会

来る2022年11月12日(土)の午後 都内某所にて当研究所のカートリッジを使用しての小さな小さな試聴会を開催いたします。 詳細は追ってご案内いたします。

Victor CD-4 vinyl record

懐かしい4chレコードVICTOR CD-4。 2チャンネルステレオでは、なるだけ軽針圧で、とあるので、当研究所のMGF-ST1で針圧を軽くしてみました。 要は歪んだり飛んだりせずトレースすれば良いので。 ざっと1.2g(お勧めしている3.5の半分以下)。...

レコードのお試し再生2(1812) We've just played a vinyl record with our cartridge.

レコードのお試し再生その2 当研究所のステレオカートリッジを使っています。 今回はチャイコフスキーの1812年です。テラーク盤と呼ばれる悪名高い盤です。 そうです、溝のカッティングが規格外。裸眼で見てもその振幅の大きさがわかるほど。...

レコードのお試し再生1 We've just played a record with our cartridge.No.1

当研究所のステレオカートリッジでレコードを再生してみました。 一回目はジョニィジェイムズのジャズボーカルです。 かつてジャズ喫茶店主の寺島氏が大ファンだと公言したため、日本国内で急に人気が高まったようです。 米国ではその現象に??だったようです。...

有名なカートリッジの修理 Famous cartridges reparing Vandelhal ORTOFON

お客様からのご要望で。 カートリッジ2個の修理をしました。 右側 ビンテージのSPUはカンチレバー曲がり。 丸ごと交換かと思ったものの、 チップもカンチレバーも 今は手に入らない品質のもの。 まずはこのまま使える状態に矯正を試み、 ダメな場合は交換することにしました。...

当研究所のカートリッジについて About our cartridges 1

当研究所のカートリッジは、NEUMANN社のDSTを範としルミエールの菊池氏が開発したルミエールワンをベースに、新たな独自技術とノウハウを組み込み開発、製造、販売しています。 (写真のカートリッジは試作時の物です。) 当研究所は、ステレオ、モノラルの両方式で特許権を取得し権...

銀線での試作

こちらは気まぐれに銀線でコイルを巻いて作ったモノラルカートリッジです。 ピュアな銀線を使っています。 普段使う銅線より太めの線です。 皆さんご存知ないかもしれませんが、 銀線は銅線よりも扱いが厄介です。 簡単に言うとクセ毛みたい。 ピーンってなるのです(笑)。...

仲間がこんなチャレンジをしています。

仲間がこんなチャレンジをしています。 カートリッジのボディ材の考え方とは異なり、材の響きを積極的に利用してみよう。という取り組みです。 夜〜深夜に聴きたい 静かな音でさりげなく聴きたい という方にお勧め。 マニアはリアリティを追求するので、兎に角音が飛びます。...

Blog ブログ: Blog2
bottom of page