top of page

MC Transformer

Updated: Dec 5, 2022


 この写真はいつ撮影したか定かではありませんが、ノイマンのBV-33というトランスの実物を撮ったものです。

 マニアの中には、「BV-33はノイマンのカッティングアンプに内蔵されていたものだから、こんな綺麗なものは有り得ない」、と言う人がいますが、そんなことはありません。

 その理由は、同一工場にて同一素材を用いて再生産が出来たからです。この写真のものは今から30年以上前に注文して作ったものです。

 誰が注文したものかというと、かつては「Figaro」、今は「ルミエール」という店名でオーディオ 店を営む菊池氏らです。

 カッティングアンプから取り外した中古品をオリジナルと呼ぶならば、これは再生産モデルとでも呼べは良いかもしれません。

 ですが、工場も素材も製造工程も同じなので、オリジナルと呼んでも差し支えありません。

 

 今もメーカーは現存していますので、条件さえ整えば、もしかしたら受けてくれるかもしれません。ただし金額は目が飛び出る程になることでしょう。


 そして、当時の購入在庫が出て来ましたので、近々ケースに入れたものを数セット限定で販売いたします。

 48万円です。

 トランスケース表面は黒色に染色し、経年変化に耐えられるようにしています。

 シャーシケースは焼き付け塗装してあります。


The picture is NEUMANN BV-33 type transformer. I'm not sure when it was took.

Some audiophiles says, that kind of clean BV-33 must be falsification, the reason why the number of BV-33s should be same with the number of NEUMANN cutting amplifiers.

Certainly it might be, but the manufacturer made by individual orders.

  Because there were the same materials in the factory yet.

In fact, the BV-33 in the picture was made in 1980s' by individual order.

 Mr, Kikuchi, the presentative of Figaro, now Lumiere owner, had ordered them.


I'm not sure the manufacturer could made BV-33 or not now.

Anyway, the reproduction model is as same as the one detached from amplifiers.

I have the one and using. I also using a preamplifier by SHINDO Laboratoy. It is including TRIAD transformer. They are worthy opponent each other.

Now,

we, Kikuchi and I found the dead stocks of the reproduction model in Lumber, we'll sell them soon. I hope you'll be looking forward to it.

You can reserve it if you want.

Please feel free to contact me.

  The price is ¥480,000- domestic.

 The case of transformer is staining black, and chassis is painting with baking.

Recent Posts

See All

第6回 私のオーディオ遍歴3 My audio journey 3

そしてその、少し後、新藤ラボラトリーでスピーカーを買ったのでした。 店にあったALTEC604Bが当時の懐具合から見て身の丈でしたし、同軸2way独特の響きも好きで、これにしよう!と思ったのですが、奥様からこう言われました。 「これはあなたには売らない。貴方なようにクラシックもジャズも聴く人は、いずれ不満になるから、こっちがいいよ。」 と勧められたのはALTEC80?のホーンとJENSENのPM1

第5回 私のオーディオ遍歴2 No.5 My audio journey 2.

そして社会人になり、初ボーナスは…寸志だったのでスーツを買っておしまい。 同期はローンで車を購入するなどしていました。 働き始めて初めに買ったのはレコードプレーヤー。 その頃は"FIGARO"という古いレコードと欧州のビンテージオーディオ機器を売っている店に出入りしていました。 そこで何故かGARRARD301を買ってしまいました。トーンアームはオルトフォンのつもりがDECCCA、となるとカートリ

閑話休題

日本でいうゴールデンウィークに入った4月下旬から2週間ほどドイツに滞在していました。 目的はミュンヘンで毎年開催されるハイエンドオーディオショー(High End Munich 2024)に出展するためです。 ですが、せっかく行くのだから、と去年以上に欲張って様々な予定を組んだ次第。 そのうち対外的にオープンに行ったのがシュトゥットガルトにあるHigh Fidelity Barで開催したリスニング

Comentários


bottom of page