top of page

Bach solo violin sonata & partita. Susane Lautenbacher and Johanna Martzy

1人で外出して、店に入り、待っている間に思いついたのがこちら。


バッハの無伴奏バイオリンのCDです。

スザーネラウテンバッヒャーとヨハンナマルツィ。

どちらも人気です。レコードを買おうとすると残念ながら恐ろしいお値段が付いています。


学生時代、オリジナルで変えないものは再発盤、それも買えない場合はCDと決めていたのを思い出してCDで買いました。

この頃珍しくCDを何枚か買っているのはレコードが高騰しているのもあります。

オークションで競り落とせないぐらいに参入して来ていますね。


さて。

同じ曲でも演奏家によってその演奏は全く違うのは周知のこと。

個人的な印象は、

ラウテンバッヒャーは真面目にきちんと演奏している感じです。楽譜に忠実か⁉︎というと私は楽譜を持っていないし、ちゃんと読めない💦ので分かりません。

でも機械的な演奏ではないと感じます。

また、女性らしい、男性らしいなどの比喩も相応しくはありません。

言語化するには私の力が足りませんが、彼女は私的な感情、演出、こぶしまわし、強弱などは入れずに、ただバッハの曲をバッハの描いたままに再現しようとしている、そんな印象です。

厳粛というと重苦しくなりますが、自然体の厳しさはあるのかもしれません。

目をつぶってじっくりと聴くのが良いです。


対するマルツィはどこか女性的な優しさ、か弱さを感じさせます。優雅さもあるかな。

技巧的には十分な力量を持っていると思いますが、写真映りと弱さを感じさせる演奏から導き出される彼女らしさ故の人気なのでしょう。

しっかりバッハに浸るならラウテンバッヒャー、マルツィの世界に浸るならマルツィかな。

(お昼前の空腹時の感想です😊)。


他の演奏家のもありますが今日はたまたま写真があったこの2人を取り上げました。


(丁度注文したご飯が配膳されました。)




9 views0 comments

Recent Posts

See All

第6回 私のオーディオ遍歴3 My audio journey 3

そしてその、少し後、新藤ラボラトリーでスピーカーを買ったのでした。 店にあったALTEC604Bが当時の懐具合から見て身の丈でしたし、同軸2way独特の響きも好きで、これにしよう!と思ったのですが、奥様からこう言われました。 「これはあなたには売らない。貴方なようにクラシックもジャズも聴く人は、いずれ不満になるから、こっちがいいよ。」 と勧められたのはALTEC80?のホーンとJENSENのPM1

第5回 私のオーディオ遍歴2 No.5 My audio journey 2.

そして社会人になり、初ボーナスは…寸志だったのでスーツを買っておしまい。 同期はローンで車を購入するなどしていました。 働き始めて初めに買ったのはレコードプレーヤー。 その頃は"FIGARO"という古いレコードと欧州のビンテージオーディオ機器を売っている店に出入りしていました。 そこで何故かGARRARD301を買ってしまいました。トーンアームはオルトフォンのつもりがDECCCA、となるとカートリ

閑話休題

日本でいうゴールデンウィークに入った4月下旬から2週間ほどドイツに滞在していました。 目的はミュンヘンで毎年開催されるハイエンドオーディオショー(High End Munich 2024)に出展するためです。 ですが、せっかく行くのだから、と去年以上に欲張って様々な予定を組んだ次第。 そのうち対外的にオープンに行ったのがシュトゥットガルトにあるHigh Fidelity Barで開催したリスニング

Comments


bottom of page