• vinylaudiolaborato

Lumiere1を修理しました。I've just repaired my own Lumiere1.

更新日:4月6日


私がカートリッジを作るきっかけ、お手本の一つであるカートリッジがいくつかありますが、そのうち最も構造などが近いものがこのLumiere1です。

菊池 千秋氏が其角、開発、製造、販売していたものです。

作る毎にどこかしらに本人の工夫、改善が入っていたため、完成形、標準形というのがありません。


それはさておき、壊れた箇所は。。。

・左チャンネルコイル断線

・右チャンネルコイルほつれ

・カンチレバーの曲がり、剛性減


ま、ほぼ全損です。

原因は、持ち歩いている時にケースの中でクッション材が動いて当たったと思われます。

これはオリジナリティを保ち、一つの標準、サンプルとしておきたいために、菊池氏に修理をお願いしましたが、いつものことで、「自分で出来るよね!?」という返事があり、自ら修理をすることにしました。

やってみるとMGFシリーズとは似て非なるもの。

カンチレバーが半田付け+カシメになっていて容易に外せなかったり、ヨークが外れて反対側のヨークに飛び付こうとしたために間にあるコイルに衝突して両方のコイルが断線したりと、想定外のことが次々と起こり、コイルの巻き直しや接着などの時間も入れると丸々一日かかったような感じです

とは言っても、この修理は単に再生修理ではなく、せっかくの機会なので私なりの考え、工夫を加えて加えてみました。そのための検討と加工の時間が余計にかかったのもあります。


結果は、一部のパーツが元のものとは違うこともあり、以前よりスッキリし、レンジも伸びた感じになり、私が作るMGF-ST1Sに近い感じになりました。


大成功!!


明日はゆっくり聴いてみようと思います。




This cartridge, Lumiere1 is one of my favorites and references.

This was produced by Chiaki Kikuchi, he is founder and representative of the audio shop Lumiere in Tokyo Japan.

It has been out of order. I decided to try to repair. Honestly, Though I wanted Chiaki to repair it, keeping the originarity by Chiaki, he told me " You could do it!".

He always says that kinds. So I tried repair it today, and finished in success.


What were happen on it?

・Right channel coil was cut.

・Left channel coil was dishevelled.

・Cantilever was bent


Almost total loss!

Anyway, I tried to repair, Lumiere1 is different from my MGFseries cartridges. So I often missed order to do. Once a york was unfastened and fried forward to another york, so it attacked coils unit between those works and cut the coils!!

I had been keeping a grip on myself, wound coils again and again.


Finally it had finished and sound has been clearer and range-wider than before. It sounds like my MGF-ST1.


Tomorrow I'll listen calm and relaxed

閲覧数:168回0件のコメント