top of page

Beethoven Symphony No.9 Choral ベートーヴェン第9

毎年12月になると、この曲がどこからともなく流れてきます。

「第9を歌おう」なんて企画も多々あります。

私は第9を歌ったことはありませんが、きっと歌うと気持ちが良いだろうなぁとはいつも思っています。


さて我が家にある第9のレコードを並べてみると…。


マルケヴィッチのが2.5枚

(全て同じ録音かな⁉︎)

カラヤン

バーンスタイン

フルトヴェングラー

トスカニーニ


他にCDでショルティ


それぞれ聴いてみるとテンポやリズムの作り方というのかな、個性があります。

どれが好きかと言われると悩みますねぇ。

音楽を聴く時には単なる音の良し悪しでは語れないことがあります。

オーディオマニアの界隈では、古い録音は音が悪い!で片付けられることがありますが、その時代独特の空気感…なんとなくソワソワして落ち着かない、戦前特有の危うい気配…が聴けたすよ。

私は好きですよ。


皆さんはどれがお好きですか?


写真はレコードのみです。


We can listen to this symphony in every December.

And more we know some events to sing the Chral as a member of impromptu choir.


I checked my 9th records in records shelves.

I found 7 records and a CD;

Conductor is

Bernstein

Markevitch

Toscanini

Karajan

Furtwenglar

Solti


My favorite is ....umm.


Audio enthusiasts often say old recordings are bad sound, but I don't think so.

Those have unique, dangerous fidgety restless atmosphere before world war II.

I love it.

let's try to replay and listen to the atmosphere!



Recent Posts

See All

閑話休題

日本でいうゴールデンウィークに入った4月下旬から2週間ほどドイツに滞在していました。 目的はミュンヘンで毎年開催されるハイエンドオーディオショー(High End Munich 2024)に出展するためです。 ですが、せっかく行くのだから、と去年以上に欲張って様々な予定を組んだ次第。 そのうち対外的にオープンに行ったのがシュトゥットガルトにあるHigh Fidelity Barで開催したリスニング

No.4. My audio journey 第4回私のオーディオ遍歴

こんな題名を書くとさぞかし沢山の有名な機器が並ぶことと思われるかもしれません。しかしあまりあれこれ買い集めるようなことはしてきませんでした。 それでも話のネタに書こうと思います。 一般的なオーディオ機器で言えば初めて買ったのは16歳の時。中道の当時最も安いカセットデッキを買いました(480)。下向きのアナログレベルメーターで行きが俊敏で戻りがゆったりしているのが高級な感じがして好きでした。もっと大

Comments


bottom of page