top of page

銀線での試作



こちらは気まぐれに銀線でコイルを巻いて作ったモノラルカートリッジです。 ピュアな銀線を使っています。 普段使う銅線より太めの線です。

皆さんご存知ないかもしれませんが、 銀線は銅線よりも扱いが厄介です。 簡単に言うとクセ毛みたい。 ピーンってなるのです(笑)。

銅にはしなやかさがありますが、 銀にはそれがありません。 故に小さく纏めようとすると逆らいます。


肝心の音は⁉︎

銀特有の音色があります。

言うなれば、タンバリンのジングル(枠に付いている小さなシンバルみたいなもの)にはいくつか材質の違うものが使われていますが、それを変えたら音色が変わる、それと同様の印象です。 銀線コイルのカートリッジにすると、シンバル音域に銀特有の音が乗る印象です。

金属系の楽器の鮮烈な音を浴びて、ライブハウスさながらにクラクラしたい方には面白いかもしれません。


I've just trying to make a monaural cartridge with pure silver wire coils.


Just in my idea, I'll try to make cartridge with pure silver wire.

The wire is a little thick than the normal copper wire.

Do you know silver wire is a little bit hard to handle than copper one?

It is hard than copper like kinky hair. Copper has flexibility than silver.


Then how is the sound?


Silver has silver character.

Do you want to use?

16 views0 comments

Recent Posts

See All

閑話休題

日本でいうゴールデンウィークに入った4月下旬から2週間ほどドイツに滞在していました。 目的はミュンヘンで毎年開催されるハイエンドオーディオショー(High End Munich 2024)に出展するためです。 ですが、せっかく行くのだから、と去年以上に欲張って様々な予定を組んだ次第。 そのうち対外的にオープンに行ったのがシュトゥットガルトにあるHigh Fidelity Barで開催したリスニング

Comments


bottom of page