top of page

第5回 私のオーディオ遍歴2 No.5 My audio journey 2.

そして社会人になり、初ボーナスは…寸志だったのでスーツを買っておしまい。

同期はローンで車を購入するなどしていました。


働き始めて初めに買ったのはレコードプレーヤー。

その頃は"FIGARO"という古いレコードと欧州のビンテージオーディオ機器を売っている店に出入りしていました。

そこで何故かGARRARD301を買ってしまいました。トーンアームはオルトフォンのつもりがDECCCA、となるとカートリッジは当然Mark1。

それまではLINNかTHORENSが候補だったのに。


その店で聴く古いクラシックレコードが心地よかったんですね。演奏が良い、生き生きしている。アンプはQUAD2+22、スピーカーはAXIOM80やTANNOY blackやドイツなど欧州のフルレンジなど。蓄音機で聴くクラシックも体験しました。


新しいレコードと新しいオーディオでは表現されないものがありました。

FIGAROの菊池氏はそれまでの私のオーディオが再生する音を聞いて、他より良いけど品位がない、と言いました。その時はどのような再生ができれば品位があるものになるのか正直ピンと来ませんでした。


その頃、新藤ラボラトリーにも時々行っていました(当時はコンデンサを買いに行ったりレコードを持参して聴かせてもらったりしていました)。

ある日聴いていたクラシック(何の曲だったかは思い出せない)で、「格調高い演奏・再生とはこういうものだ」という感覚が,ふと湧いて来たのでした。

ちなみにスピーカーはRCAの励磁型オープンバッフル、アンプはプリもメインも新藤最高峰の300BシングルとPetrus、プレーヤーほGARRARD301。全て新藤研氏のてがはいったもの。


個人的には、このような気付き、感覚はとても大切だと考えています。この感覚を自らキャッチ出来るか出来ないかで人の感性が育つかどうかが決まって来ると思います。

聴覚も味覚も感知した後の感覚(理屈、理論ではない)がとても重要です。

多くの人が『考え』と『感覚』、『考えていること、思っていること』と『感じていること』を混同しているように思います。

感じていることを意識の上に上らせ、それをキャッチしている人の感性は素晴らしいです。

これは本来、誰にでもある感覚です。

ご自分の心にゆっくりと問うてみるのがよろしいかと。


Then I entered the workforce, and my first bonus was just a small gift, so I bought a suit and that was it. Colleagues bought cars on loan, etc.


The first thing I bought when I started working was a record player.

At that time, I frequented a store called "FIGARO" that sold old records and vintage European audio equipment.


For some reason, I ended up buying a GARRARD301 there. I thought I would get an Ortofon tonearm, but it was a DECCCA, so the cartridge was naturally a Mark1.

Until then, I was considering LINN or THORENS.


I enjoyed listening to the old classical records at that store. The performance was good and lively. The amplifier was QUAD2+22, and the speakers were AXIOM80, TANNOY black, and European full-range speakers from Germany. I also experienced listening to classical music on a gramophone.


There was something that new records and new audio could not express.


FIGARO's Kikuchi heard the sound my previous audio equipment was playing and said that it was better than others, but it lacked dignity and prestige. To be honest, I didn't have any idea at the time what kind of playback would give it dignity and prestige.


At that time, I also occasionally went to the Shindo Laboratory (I would go there to buy capacitors or bring records to listen to).


One day, I was listening to classical music (I can't remember what it was), and I suddenly had the feeling that "this is what a high-quality performance and playback is like." It seemed to be dignity and prestige.

By the way, the speakers were RCA magnetized open baffle, the amplifiers for the pre-amp and main were Shindo's best 300B single and Petrus, and the player was a GARRARD 301. All were made by the Shindo Laboratory.


Personally, I think that this kind of awareness and sensation is very important. I think that whether a person's sensitivity develops or not depends on whether they can catch this sensation themselves.


The sensations (not logic or theory) after perceiving hearing and taste are very important.

I think that many people confuse "thoughts" and "sensations," "thinking, feeling" and "feeling."

The sensitivity of people who can raise their feelings to the level of consciousness and catch them is amazing.


This is a feeling that everyone has.


I think it would be a good idea to take some time to ask yourself this question.

Recent Posts

See All

第6回 私のオーディオ遍歴3 My audio journey 3

そしてその、少し後、新藤ラボラトリーでスピーカーを買ったのでした。 店にあったALTEC604Bが当時の懐具合から見て身の丈でしたし、同軸2way独特の響きも好きで、これにしよう!と思ったのですが、奥様からこう言われました。 「これはあなたには売らない。貴方なようにクラシックもジャズも聴く人は、いずれ不満になるから、こっちがいいよ。」 と勧められたのはALTEC80?のホーンとJENSENのPM1

閑話休題

日本でいうゴールデンウィークに入った4月下旬から2週間ほどドイツに滞在していました。 目的はミュンヘンで毎年開催されるハイエンドオーディオショー(High End Munich 2024)に出展するためです。 ですが、せっかく行くのだから、と去年以上に欲張って様々な予定を組んだ次第。 そのうち対外的にオープンに行ったのがシュトゥットガルトにあるHigh Fidelity Barで開催したリスニング

No.4. My audio journey 第4回私のオーディオ遍歴

こんな題名を書くとさぞかし沢山の有名な機器が並ぶことと思われるかもしれません。しかしあまりあれこれ買い集めるようなことはしてきませんでした。 それでも話のネタに書こうと思います。 一般的なオーディオ機器で言えば初めて買ったのは16歳の時。中道の当時最も安いカセットデッキを買いました(480)。下向きのアナログレベルメーターで行きが俊敏で戻りがゆったりしているのが高級な感じがして好きでした。もっと大

Comments


bottom of page