top of page

古屋さんといえば…。The magnate of the cartridges and the tonearms

カートリッジ界では著名な大先輩、オーディオ・ファブの古屋さんのところにお邪魔しました。

だいぶ昔のことになりますがFIGARO時代に店頭でお会いしたことがあるような。

訪問の目的はヴァイナルオーディオ研究所のカートリッジについてご意見を頂くこと、先達の知恵を頂戴すること、他にも昨今のオーディオの事など、様々意見交換…というよりは寧ろ教えて頂いたことの方が多かったです。

その他にも…まぁこれは…ナイショ!

お部屋の写真は既にどこかのサイトに出ていますが、いつまでも出しておいて欲しくないというのが正直なお気持ちのようです。

したがってこの3枚も掲載を了解頂きましたが、いつまで出しておくかは未定です。

数セットあるプレーヤーのうち、写真のオルトフォンアームをピュアストレートに改造したもので聞かせていただきました。モーターはGARRARD401。

古屋さんのオリジナル製品や他の著名なカートリッジもいろいろと聞かせていただきました。

今後の製品開発に活かして行くつもりです。

ありがとうございます😀



Recent Posts

See All

閑話休題

日本でいうゴールデンウィークに入った4月下旬から2週間ほどドイツに滞在していました。 目的はミュンヘンで毎年開催されるハイエンドオーディオショー(High End Munich 2024)に出展するためです。 ですが、せっかく行くのだから、と去年以上に欲張って様々な予定を組んだ次第。 そのうち対外的にオープンに行ったのがシュトゥットガルトにあるHigh Fidelity Barで開催したリスニング

No.4. My audio journey 第4回私のオーディオ遍歴

こんな題名を書くとさぞかし沢山の有名な機器が並ぶことと思われるかもしれません。しかしあまりあれこれ買い集めるようなことはしてきませんでした。 それでも話のネタに書こうと思います。 一般的なオーディオ機器で言えば初めて買ったのは16歳の時。中道の当時最も安いカセットデッキを買いました(480)。下向きのアナログレベルメーターで行きが俊敏で戻りがゆったりしているのが高級な感じがして好きでした。もっと大

コメント


bottom of page