top of page

仲間がこんなチャレンジをしています。

Updated: Jan 16, 2022



仲間がこんなチャレンジをしています。 カートリッジのボディ材の考え方とは異なり、材の響きを積極的に利用してみよう。という取り組みです。

夜〜深夜に聴きたい 静かな音でさりげなく聴きたい

という方にお勧め。

マニアはリアリティを追求するので、兎に角音が飛びます。 つまり聴きたくない人にも聴こえてしまう。 それを防ぎ、心安らかに聴くにはうってつけです。 試作機です。時価となりますが、ご要望には応じたいと思っております(お時間頂くと思います)。


==========以下大野 克己さんの投稿です(本人の了解を得てこの形で投稿します)


アームによっていかほど音が変わるものか?極端な例として新しく開発した新製品を自作の(形だけグレイをまねしたワンポイントではないスタティックです)木製のアームで試してみます。かなり柔らかい聴きやすい音にはなりますな。でもカートリッジの素性そのものは変わらない。ただ、印象はかなり変わる。アームの大切さは改めて重要であることはわかりました。


A fellow is trying.


A fellow of our team is trying to make a wooden tonearm.

The material of MGF cartridges body has characteristics of hard and internal loss.

On the other hand wooden materials have unique timbre. If the character contribute the sound, it will be smooth warm and comfortable, I imagine.

Audiofiles want realistic sound As that kind sound reach farther, so in some cases, it irritates other around there.

The wooden materials will bring you and around you comfortable sound.

Recent Posts

See All

閑話休題

日本でいうゴールデンウィークに入った4月下旬から2週間ほどドイツに滞在していました。 目的はミュンヘンで毎年開催されるハイエンドオーディオショー(High End Munich 2024)に出展するためです。 ですが、せっかく行くのだから、と去年以上に欲張って様々な予定を組んだ次第。 そのうち対外的にオープンに行ったのがシュトゥットガルトにあるHigh Fidelity Barで開催したリスニング

Kommentare


bottom of page