レコードのお試し再生2(1812) We've just played a vinyl record with our cartridge.

更新日:10月12日

レコードのお試し再生その2

当研究所のステレオカートリッジを使っています。


今回はチャイコフスキーの1812年です。テラーク盤と呼ばれる悪名高い盤です。

そうです、溝のカッティングが規格外。裸眼で見てもその振幅の大きさがわかるほど。

針飛びしてまともに聴けないということもあったそうです。

この溝の部分には本物の大砲の音を使っています。もちろん、一般の演奏会では本物の大砲は使いません。

それ故に、オーディオマニアは針飛びせずに再生できることに情熱的に取り組もうとしました。


https://youtube.com/shorts/jJkhFo2BURg?feature=share


Now, We're playing 1812 by Tchaikovsky. Label is Tearc.

This record was manufactured as an off-specification product.

The grooves are much wider and louder than usual.

The reason why was owing to the real sounds of canons.

In real concerts, orchestras won't use real canons.

Though it often embarassed audio enthusiasts, they tried to play well with t

heir many efforts.


https://youtube.com/shorts/jJkhFo2BURg?feature=share



閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

反りの酷いレコードには何枚か遭遇したことがあります。 熱を加えれば平らになると思っていましたが、やってみるとそうではありませんでした。 平らなものに挟んでおいても熱を加えてみても平らにはなりませんでした。 はて…⁉︎ 想定ですがレコード製造工程で出来た可能性が高いのだろうと判断しました。 真っ平に出来上がったものが何かの理由で反ったなら元に戻しやすいのですが、製造時に出来た歪みであればその歪みを抜