top of page

ブルースの真実 The blues and abstract truth

雨の日曜日、「ブルースの真実」

久し振りに出してみたら、

国内盤ジャケットなのに盤はUSA。

紛れ込んだのかと思いきや番号は合っている。


得したのか最初からそうなのか。

(そもそも買ったのはいつだったのか、どこだったのか…。)

A2曲目のほー・ダウン、冒頭で子供かなぁ⁉︎掛け声があるけど。誰なんだろう…⁉︎

全体的にブルース、ジャズで

浸るにはええ感じです。😀

It’s a rainy Sunday.

I picked up this record.

Members are famous and first class players.

Blues and 2-5 progression are comfortable and pleasant.

Then, at the top of “Hoe down” (A-2)

Someone shout it. Who is he/she?

I wonder it is a child’s voice.

Please let me know if you have.



Recent Posts

See All

第6回 私のオーディオ遍歴3 My audio journey 3

そしてその、少し後、新藤ラボラトリーでスピーカーを買ったのでした。 店にあったALTEC604Bが当時の懐具合から見て身の丈でしたし、同軸2way独特の響きも好きで、これにしよう!と思ったのですが、奥様からこう言われました。 「これはあなたには売らない。貴方なようにクラシックもジャズも聴く人は、いずれ不満になるから、こっちがいいよ。」 と勧められたのはALTEC80?のホーンとJENSENのPM1

第5回 私のオーディオ遍歴2 No.5 My audio journey 2.

そして社会人になり、初ボーナスは…寸志だったのでスーツを買っておしまい。 同期はローンで車を購入するなどしていました。 働き始めて初めに買ったのはレコードプレーヤー。 その頃は"FIGARO"という古いレコードと欧州のビンテージオーディオ機器を売っている店に出入りしていました。 そこで何故かGARRARD301を買ってしまいました。トーンアームはオルトフォンのつもりがDECCCA、となるとカートリ

閑話休題

日本でいうゴールデンウィークに入った4月下旬から2週間ほどドイツに滞在していました。 目的はミュンヘンで毎年開催されるハイエンドオーディオショー(High End Munich 2024)に出展するためです。 ですが、せっかく行くのだから、と去年以上に欲張って様々な予定を組んだ次第。 そのうち対外的にオープンに行ったのがシュトゥットガルトにあるHigh Fidelity Barで開催したリスニング

Comentarios


bottom of page