top of page

お客様のオーディオ One customer’s audio

Updated: Jun 12, 2023

当研究所のカートリッジをお使いのお客様のお部屋です。

クラシックと古い歌謡曲をかけていらっしゃいました。

クラシックはオーケストラの雄大さをよく表現し、合わせて弦や歌声の艶やかさもあり、低い音域も金管もボケることなくよく歌っていました。


歌謡曲は若い裕次郎などかけられていました。

これも良かったです。


トランスはWE618AやJSをお使いでした。

試しにということでNEUMANNのBV-33(左下にちょっと写っています)をお持ちしました。


どれほどの違いがあるのだろうかと集まった皆さんが興味津々でした。

さて結果は、というと618Aと互角である、というのが全員の一致した意見でした。


And please read the page "Customers' Voice" if you have interested in our products.



These are the pictures of customer's audio.

He loves classical music and Japanese old popular songs.

The audio system could play classical music very well with VAL cartridge.

For example orchestra music records were replayed with large scale, stringed instruments like violins, violas, cellos, contrabasses were played with clear sound, clear pitch, and grossly and beautiful.


Vocals were wonderful, able to see rips and face, body and beautiful.


And a tips,

I carried a very famous transformer, BV-33 by Neumann. We wanted to compare it and 618A by Western Electric.

The conclusion is both are very good transformers. No one could say one is better than another.


Thank you.


And please read the page "Customers' Voice" if you have interested in our products.




60 views0 comments

Recent Posts

See All

第5回 私のオーディオ遍歴2 No.5 My audio journey 2.

そして社会人になり、初ボーナスは…寸志だったのでスーツを買っておしまい。 同期はローンで車を購入するなどしていました。 働き始めて初めに買ったのはレコードプレーヤー。 その頃は"FIGARO"という古いレコードと欧州のビンテージオーディオ機器を売っている店に出入りしていました。 そこで何故かGARRARD301を買ってしまいました。トーンアームはオルトフォンのつもりがDECCCA、となるとカートリ

閑話休題

日本でいうゴールデンウィークに入った4月下旬から2週間ほどドイツに滞在していました。 目的はミュンヘンで毎年開催されるハイエンドオーディオショー(High End Munich 2024)に出展するためです。 ですが、せっかく行くのだから、と去年以上に欲張って様々な予定を組んだ次第。 そのうち対外的にオープンに行ったのがシュトゥットガルトにあるHigh Fidelity Barで開催したリスニング

No.4. My audio journey 第4回私のオーディオ遍歴

こんな題名を書くとさぞかし沢山の有名な機器が並ぶことと思われるかもしれません。しかしあまりあれこれ買い集めるようなことはしてきませんでした。 それでも話のネタに書こうと思います。 一般的なオーディオ機器で言えば初めて買ったのは16歳の時。中道の当時最も安いカセットデッキを買いました(480)。下向きのアナログレベルメーターで行きが俊敏で戻りがゆったりしているのが高級な感じがして好きでした。もっと大

Commentaires


bottom of page